葛西臨海水族園と共同開催!
海鳥講演会「つどえ オロロ〜ン!」

 

 羽幌町は、東京都の葛西臨海水族園と2018年11月にパートナーシップ協定を結び、海鳥や海鳥がくらすことのできる生息環境の保全、また地域振興に向けて共に活動しています。
 講演会「つどえ オロロ~ン!」は、「海鳥とくらすために私たちができること」について、海洋・海鳥保全の専門家や漁業者の取組みを学び、多角的な視点でいっしょに考えるものです。また、自分たちがくらす地域の自然に触れ、環境を守る取組みについて、羽幌高等学校の生徒が発表します。講演会のあとには、葛西臨海水族園の飼育係も加わってディスカッションする「オロロンフォーラム」も実施します。

■日 時  2020年11月14日(土)13時30分~16時30分
■対 象  どなたでもご参加できます ※内容は中学生以上向けです
■参加方法 (1)ウェブ会議サービス「Zoom」を使いリモー トで参加
       定 員:100名(事前申込制・先着順)
      (2)北海道海鳥センター(羽幌町)会場に来場して参加
       定 員:20名(事前申込制・先着順)
■参加費  無料 ※講演会参加のための通信料は参加者ご自身の負担となります
■内 容

◎第1部(13時40分~14時20分)
 「漁業と海鳥の共存」
  鈴木康子 氏(バードライフ・インターナショナル 海洋・海鳥保全担当オフィサー)
【要旨】
 漁業で使われる網や針にかかってしまう事故(混獲)によって、世界中で多くの海鳥が犠牲になっています。漁法によってはまだ解決策が見つかっていませんが、国内では北海道の漁師さんにご協力いただきながら、対策を模索する取組みが始まっています。
 すでに混獲対策が確立された漁法のなかには、対策を実施することが国際的に義務付けされているものもありますが、課題も多く残っています。漁業と海鳥が共存するためには多くの方々との連携が必要なので、消費者として何ができるかなどを含め、参加者の皆さんといっしょに考えていければと思います。
【鈴木氏プロフィール】
 幼いころから野生動物に興味を持ち、生態学を学ぶために渡米。アメリカ西部の水産資源回復と海鳥保全間の軋轢に関する研究に10年以上従事した後、2018年から現職。
 漁業と海鳥の共存をめざして、日本の漁業関係者、サプライチェーン、行政などへの働きかけをおこなっている。野生生物学博士。

◎第2部(14時30分~15時10分)
 「FIP 漁業改善プロジェクト ミズダコ資源と漁村の持続可能性」
  小笠原宏一 氏(北るもい漁業協同組合苫前支所・苫前いさり部会の部会長)
【要旨】
 私のくらす苫前町は漁業資源が豊かな土地です。しかし、それはいったいいつまで続くのでしょうか。続くかもしれませんし、続かないかもしれません。
 経済的・地域文化的価値の高いミズダコの資源量の減少、また高齢化を含めた生産・加工流通の担い手不足、水産物流通の変化への順応不足、先進性の欠如など、水産業にはさまざまな課題が存在します。「ミズダコの資源の科学的な管理の高度化」、「地域に密着するビジネス事業の推進」を目標に、漁業改善プロジェクト(FIP)を立ち上げ活動しています。今回は漁業と資源、また、私の住む漁村地域について紹介します。
【小笠原氏プロフィール】
 北海道の左上、苫前町で漁業を営みくらす。急激な過疎化や高齢化が進む地域の将来に不安を抱き、まちづくりを精力的におこなう。
 また、その活動のなかで自らが営む漁業についても不透明な持続可能性に疑問を持ち、漁業と漁村地域の持続可能性を高めるために漁業改善プロジェクト(FIP)を2019年から始める。

◎第3部(15時20分~15時40分)
 「総合的な探究の時間を活用した羽幌高校の取り組み」
  羽幌高校1年生
【要旨】
 私たちは、総合的な探究の時間で羽幌地域の海鳥を取り巻く地域の自然環境や環境問題、その解決のためにおこなわれているさまざまな取組みについて学んできました。羽幌ビオトープでは樹木の生育調査や漁協と連携した植樹活動をおこない、減農薬米や無農薬米を生産している水田とビオトープでのトンボ類生息調査を実施しました。また、海岸に漂着する大量のプラスチック類を中心とした海岸清掃やマイクロプラスチック調査、そして自然環境の保全と地域産業の振興の両立をめざしたシーバードフレンドリー認証制度と認証団体の取組みなどについて学びました。私たちが学んできたことと、地域の自然を守るために私たちができることについてお話しします。

◎オロロンフォーラム(15時50分~16時30分)
 葛西臨海水族園の飼育担当者も講師に加わり、それぞれの立場から海鳥や自然との共存に向けて議論を深めます。参加者の質問にもお答えしますので、ぜひいっしょに語り合いましょう。多くのご意見をお待ちしています。
パネリスト:鈴木康子氏、小笠原宏一氏、野島大貴氏(葛西臨海水族園 海鳥飼育担当)
ファシリテーター:石郷岡卓哉(北海道海鳥センター)

■参加申込方法
 (1)ウェブ会議サービス「Zoom」を使いリモー トで参加
    葛西臨海水族園ウェブサイトの受付フォームから申し込む
     ※別記注意事項を参照してください
     【申込先URL】https://www.tokyo-zoo.net/event/umidori/
     【問い合わせ先】
         葛西臨海水族園 教育普及係 03-3869-5152(代表)
          ※受付時間は9時30分~17時
 (2)北海道海鳥センター(羽幌町)会場に来場して参加
    北海道海鳥センターに電話またはEメールにより申し込む
     【申込・問い合わせ先】
        北海道海鳥センター 
          電話 0164-69-2080
          Eメール seabird@town.haboro.lg.jp
          ※受付時間は9時~17時(月曜と祝日の翌日は休館日)
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用いたします。また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

■注意事項
◎リモート参加についての注意事項
・応募はひとり1回に限ります。また、1回につきおひとり分のみ応募できます。同じ応募者による複数の応募はすべて無効となりますのでご注意ください。
・講演会はウェブ会議サービス「Zoom」を用いて実施します。接続に必要なPC環境はご自身でご用意ください。
・ウェブ会議サービス「Zoom」への接続に必要なURLなどは、参加者にメールにてお知らせします。お申込時に記入いただいたメールアドレス宛に招待メールをお送りします。@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。
◎北海道海鳥センター会場参加についての注意事項
・当日はマスク着用と手指の消毒をお願いします。
・体調に不安がある場合は、参加を控えてください。
・入場時に検温をします。発熱のある方は参加できません。

■主催(共催) 葛西臨海水族園、北海道海鳥センター